テレビアンテナ工事の費用と相場について徹底解説します!

普段馴染みのないテレビのアンテナ工事について、費用や相場、取り付け方法、業者に頼む方法などを解説します。

テレビのアンテナ工事とは?

 

普段何気なく見ているテレビですが、地デジにしろBS放送にしろ、受信する設備が無ければ視聴する事は出来ません。

 

アンテナ工事とは、受信設備であるテレビアンテナや各種周辺機器を設置・取り付けする工事で、主に家電量販店やアンテナ工事の専門店に依頼して設置します。

 

自分で設置する事も理論上は可能ですが、テレビアンテナは屋根の上や外壁の高いところなど高所作業になる為、危険な作業です。また、目には見えない電波を捉える為の調整が技術的に難しい事から、お店に依頼するのが一般的です。

 

テレビのアンテナ工事にかかる費用・相場

 

テレビアンテナの設置工事は大凡以下のような費用がかかります。

 

  • 地デジアンテナの新規設置……30,000円~35,000円
  • 地デジ+BS/CSアンテナの新規設置……60,000円~70,000円
  • 地デジアンテナの交換・追加設置……15,000円~
  • BSアンテナの追加設置……12,000円~

 

新築戸建てに新しく各種機器を設置する工事の場合は3万円~が相場で、この中には工賃なども含まれます。既存住宅のアンテナ交換・追加工事などはやや安くすみます。

 

テレビアンテナの工事は設置する建物の大きさや構造、アンテナの設置場所、配線構造等、様々な要因によって使う部品が異なる為、業者は依頼があってから住宅を実際に見て最終的な見積もりを出す形が一般的です。

 

また、工事にかかる費用は家電量販店や街の電気店などよりもインターネット上に広告を出しているアンテナ工事専門店の方が安い傾向にあります。

 

テレビアンテナ以外でテレビを見る方法はある?

 

テレビを見る方法はアンテナだけではありません。ケーブルテレビやひかりTVなどでも地デジ・BSを視聴する事ができます。

 

テレビアンテナと大きく違うのは、ランニングコストです。ケーブルテレビやひかりTVは初期費用(工事費用)が安いものの、契約したプランによって毎月料金を支払う必要があります。

 

また、これらの方法以外では、NetflixやDAZN、AmazonPrimeなどのネット配信系のサービスもありますが、これらはNHKや民放などの地デジ放送、BS放送は視聴できず、配信元のオリジナルコンテンツを視聴する事ができます。

 

アンテナ工事はどこに頼む?

 

アンテナ工事を依頼できる業者は主に下記の4つです。

 

  • 家電量販店(ビックカメラやヤマダ電機等)
  • 工務店・ハウスメーカー
  • 小規模電気店
  • アンテナ工事専門店

 

アンテナ工事には特別に必要な資格は無い為、くらしのマーケットやミツモアのようなマッチングサイトで、個人が工事を請け負っているケースもあります。

 

オススメはアンテナ工事専門店

 

アンテナ工事の依頼先は多数ありますが、オススメはアンテナ工事を専門としている業者です。これらは主にインターネット上での集客がメインの為、一般的には名前を知られていない企業も多いのですが、価格・スピード・信頼性・技術力といった点で、他の業者よりも確実に良い点が多いです。

 

テレビアンテナ工事を依頼する手順

テレビアンテナの工事を依頼する場合には、以下のような手順を踏みます。

 

  1. アンテナ工事の業者に見積もり依頼をする
  2. 現地調査
  3. 工事内容・見積もりを確認して正式契約
  4. 施工
  5. 料金の支払い

 

工事にかかる費用は基本的に後払いです。業者に見積もり依頼・問い合わせを行うところからスタートし、現地調査、契約、施工と流れていき、最後に料金を支払います。

 

支払い方法は現金・銀行振込・コンビニ決済・ローン決済・クレジットカード決済・PayPay等のキャッシュレス決済など多数ありますが、取り扱いは業者によるので、支払い方法に希望がある場合には事前に確認する必要があります。

 

アンテナ工事の内容をもう少し詳しく知る

 

地デジアンテナとは

 

別名UHFアンテナとも呼ばれ、NHKや民放各局の地上デジタル放送を受信する為のアンテナです。地方ローカル局も地デジアンテナで受信します。

 

地デジは東京スカイツリーを始めとする送信所から電波が送信されていて、それを自宅の地デジアンテナでキャッチし、テレビと配線を繋ぐ事で地デジ放送が視聴できるようになります。

 

但し、地デジの電波は物理的に遮蔽物があるところや、竹林・山などの自然物でも電波が反射したり遮られたりする為、受信できるかどうか、また受信の強さなどは立地条件によるところが大きく、必ずしも日本全国どの場所でも受信ができるわけではありません。

 

BS/CSアンテナとは

BS/CSアンテナとは、別名パラボラアンテナとも呼ばれるお皿のような形をしたアンテナで、衛星放送であるBSチャンネル、CSチャンネルを視聴する為のアンテナです。衛星軌道を周回している衛星から電波をキャッチする方式の為、衛星の方角に遮蔽物が無ければ全国どこでも視聴が可能です。

 

かつてはBS用のアンテナとスカパー(CS)のアンテナは分かれているケースが多かったのですが、最近はBS/CS110度アンテナという両方の電波をキャッチできるアンテナが主流となっています。

 

この他にもスカパープレミアムにあたる124度128度衛星の電波も合わせてキャッチできるマルチアンテナも開発されています。

 

また、2018年末より始まったBS4K8K放送は、BSアンテナで受信しますが4K8K規格に対応したアンテナが必要です。2020年現在は標準工事となっていますが、テレビ本体やチューナーも含めて設備を全て4K8K対応にする必要があります。

 

アンテナ工事に必要な周辺機器とは?

アンテナ工事に使われる周辺機器は主に下記のような物があります。

 

  • ブースター……電波の増幅器
  • 分配器……受信した電波を分割する機械
  • 混合器・分波器……地デジとBSの電波を一つのケーブルにまとめたり分割したりする部品
  • 同軸ケーブル……電波を通す配線
  • 固定用の器具……アンテナ本体を固定する為の各種部品(屋根馬・サイドベース・マスト・ビス等々)

 

また、これ以外にも電波レベルを測定する為のレベルチェッカーという専門的な器具もアンテナ工事の際には使用されます。